ワキの黒ずみは【脇脱毛】で綺麗になる?

脇の黒ずみの主な原因は、メラニン色素の沈着です。メラニン色素の沈着は、剃刀で自己処理を行っていると、剃刀の摩擦で肌が刺激されることでも起こります。脇脱毛をすることにより、剃刀での自己処理の回数が減り、メラニン色素の沈着をこれ以上しないようにできます。

また、脇の肌は薄く、そして脇の無駄毛は黒くて太いという特徴があります。その為、色素沈着もおこしやすくなります。自己処理をすることにより、剃刀で深剃りをしたり、毛抜きで抜いた時に無駄毛が皮膚の中で切れてしまった時に、埋没毛ができてしまいます。埋没毛は皮膚の中で無駄毛が成長してしまいます。放っておくと次第に無駄毛はなくなりますが、無駄毛の色素が肌に沈着して黒ずみの原因になります。

脇脱毛はレーザーを照射します。レーザーはメラニン色素に反応します。レーザーを照射すると、黒ずみの原因であるメラニン色素が破壊されます。破壊されたメラニン色素は新陳代謝の働きとともに皮膚の表面に出てきて剥がれます。このメカニズムで脇脱毛をしていると次第に黒ずみが消えていきます。

脇脱毛をすることにより、無駄毛の自己処理をする回数も減り、肌に負担をかけることも少なくなるので再び黒ずみの原因を作ることもなくなるので、黒ずみが取れるとともに、再度黒ずみを作ることもなくなります。

ワキ脱毛するならどこがいい?⇒【ワキ脱毛】おすすめ脱毛サロン ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする