VIO脱毛は【事前処理】で全剃りするの?

VIOを全照射する場合には事前処理で全剃りする必要があります。一方、一部を残す場合には照射する部位のみ剃っておけば問題ありません。大抵の場合、数回は全照射して毛量を減らすことになるので、VIO脱毛に取り組む多くの人が全剃りを経験することになると思います。

Vはそれほど難しくありませんが、Iもなかなか難しく、Oに至っては完璧に自分で剃ることは困難です。

脱毛サロンのスタッフもOについては自分で剃れないと言っていました。プロでもできないということは一般人には難しいのでしょう。自己処理する場合は前日までに処理することになります。綺麗に剃ることを意識するよりも、剃刀負けに気をつけるようにしてください。剃刀負けしてしまうたらその部分を照射することができなくなってしまいます。

また、使う剃刀は電動のものだと使いやすいと思います。サロンによっては剃り残しについて追加料金を徴収されることがありますが、それは脱毛効果を高めるという意味でもしょうがない必要な出費なのだと思います。

鏡などを使って自分でできる限り処理して行くことが大切ですが、自分ではどうしようもない部分に関しては無理に剃ろうとして肌を傷つけてしまうよりは、プロの手に任せるのも大切です。

デリケートゾーンの脱毛するならどこがいい?⇒【VIO脱毛】おすすめ脱毛サロン ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする