VIO脱毛【後悔】する時ってどんな事で後悔するの?

VIO脱毛で後悔するのはVIOをつるつるにしすぎてVIOに一切毛が生えなくなってしまうときです。日本人はVIOがつるつるという状態に慣れていないので、温泉などでVIOがつるつるの人を見た時にはつい好奇の視線を向けてしまいます。そして、VIOがつるつるなことに対して、こちら側もなかなか堂々とできず、つい恥ずかしい気持ちを持ってしまいます。その結果、VIOを人に見られることが気になってしまってVIOの施術後は温泉に行きにくくなってしまったという声をよく聞きます。

VIO脱毛の初期の施術であれば全照射しても完全につるつるになることはありえず、またほぼ元の通りに生えてくるので問題はありません。毛の量を減らすためにも何回か全照射をするのは効果的です。ですが、回数を重ねていくとVIOに全照射することは危険になってきます。VIOがつるつるになって温泉に行きにくくなってしまうことは避けたいという場合、継続してのVIO全照射は避けるようにするのが無難だと思います。

VIO脱毛をある程度の回数をこなしたあとはIOは全部照射または一部残す、Vは形を作り、気になる部分だけ照射するというようにするのが好ましいと思います。

デリケートゾーンの脱毛するならどこがいい?⇒【VIO脱毛】おすすめ脱毛サロン ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする