【カミソリ注意】長年のムダ毛の自己処理で肌を傷つけ皮膚科に行くことに…。

スポンサーリンク

10代、20代の若くて肌が強かった頃、ムダ毛の処理方法はカミソリを使っていました。けっこう適当に剃って保湿をサボっていても、肌荒れすることはなかったのです。

 

でも30代になっていきなり乾燥肌になり、カミソリで自己処理をできないほど敏感になりました。剃った後はパリパリに肌が乾いて粉をふき、ヒリヒリして痛みや痒みも感じました。

 

ある日突然の出来事だったので、体調が悪いだけかと思っていましたが、その後ずっと治らなかったのです。

 

 

その間、ムダ毛が伸び放題になって困ったので、天然成分入りの除毛クリームを使ってみました。

ムダ毛はまあまあキレイになったけれど、やはり肌の赤みや痒みは止まらず、最終的に皮膚科に行きました。そしたら「長年のカミソリ処理で肌が弱っている」と言われ、ムダ毛処理の頻度を少なく、そして保湿を徹底するよう言われたのです。

 

 

見た目には何のトラブルもないように感じても、カミソリ処理は確実に肌の層を薄くして弱らせてしまいます。

 

 

何も知らずに10年以上続けていれば、肌に異変が起こるのも当然ですから、カミソリ処理は続けてやらないほうが良いです。脱毛用のクリームや石鹸、スプレーなどが市販で売られていますから、そちらのほうが肌への刺激は控えめでしょう。

 

 

今はカミソリを使わず、月に1回だけ除毛クリームを使うようにしたら、ずいぶん肌の調子が良くなりました。簡単で安上がりのカミソリ処理をしている人は多いと思いますが、肌への負担を減らすことも忘れないようにしてください。