自己処理に限界を感じて脱毛を!店の雰囲気が落ち着いていた銀座カラーで脱毛

脱毛しようと思ったきっかけは、自己処理に限界を感じたからです。
中学生の頃からわきのみ毛抜き、その他はカミソリで自己処理をしていましたが、埋没毛や色素沈着、カミソリ負けなどの皮膚トラブルに悩まされてきました。社会人になり、ストッキングを履くようになってひざ下のムダ毛が気になるようになり、また、事務職だったので、書類の受け渡しの際に手の甲や指のムダ毛を人に見られるのが嫌で、サロンでの脱毛を決意しました。

アラサーの私が選んだのは店の雰囲気が落ち着いていた銀座カラー

2015年から現在に至るまで、銀座カラーで脱毛をしています。数あるサロンの中で何故銀座カラーを選んだかというと、店内の雰囲気が落ち着いていたからです。

ミュゼプラチナム、シースリー、ストラッシュ、キレイモ、コロリー、ラココ、DKBC、PIKARI等、様々なサロンに無料カウンセリングに行きましたが、スタッフもお客さんも若い人が多く、アラサーの私は浮いてしまいました。

しかし銀座カラーはスタッフもお客さんも若すぎず、店内の雰囲気が落ち着いており、気後れすることなく通えそうだなと思い、銀座カラーに通うことに決めました。無料カウンセリングでも強引な勧誘は一切なく、また、試しにひじ下の照射をしていただいたところ、痛みがまったくなく、これなら通いたいと思いました。

突発的な残業があるOLでも安心して通えているので満足です。

照射部位は、ひじ下、ひざ下、わき、ひざ、VIOです。本当は全身脱毛を契約したかったのですが、お金がなく、ボーナスが出るたびに契約部位を追加していきました。かかった総額は20万円ほどでしょうか。

2018年1月現在、8回の照射を終えたところですが、毛がだいぶ薄くなってきています。完全にツルツルにするためには、16回以上の照射をしなければなりません。銀座カラーの光脱毛は、スタンプ式ではなくスライド式なので、所要時間は短いです。全身脱毛でも45分しかかかりません。

予約は店頭、電話、webの3つの手段でとることができます。私は、便利なのでwebでいつも予約をしています。予約がとりにくいと思ったことはありません。契約した店舗以外の全国51店舗(2018年1月現在)、どこでも予約することができます。またm21時まで営業しているので、少し残業しても照射することができ、私のように、しばしば突発的な残業があるOLでも、安心して通うことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする