脱毛サロンに行く時、【顔のメイク・化粧】落として行った方がいいの?

身体の脱毛であれば、顔のメイクは落とす必要がありません。身体の脱毛は部位にもよりますが、ショーツ一枚の姿になり、サロンのラップタオルを身につけて施術を受けることになります。

背中などの施術を受ける場合はうつ伏せになるので、顔のメイクが崩れることが考えられます。顔のメイクを落とす必要はありませんが、メイクが崩れることは意識してメイク直しのための道具をいつもよりしっかりめに持っていくといいと思います。

顔の脱毛の場合は顔のメイクを落としていくのが好ましいと思います。顔の脱毛の前には洗顔し、メイクを落とす必要があります。脱毛サロンにクレンジングや洗顔料が用意してあることも多いとは思いますが、自宅で使っているものほど高性能ではないことが多いです。頑固なアイメイクはなかなか落としにくいと思います。顔のメイクを落として脱毛サロンに行くか、外を歩くのにはずかしくないレベルの薄化粧で脱毛サロンに行くのがおすすめです。

顔の脱毛は多くの場合、美肌効果のある機械を使いますし、顔のうぶげを処理することができるので、化粧ノリがかなり良くなることが期待できます。気合いを入れて化粧をするのは顔の脱毛後が良いと思います。