シースリーは【未成年】でも脱毛できる?親の同意書は?

脱毛サロンのシースリーは中高生、大学生などの未成年の利用者もとても多いのが特徴です。未成年でももちろん全身脱毛を受けることが可能になっています。ただし、脱毛コースの契約時には必ず親の同意書が必要になります。親の同意書が無い場合には契約を拒否されてしまうので注意が必要です。

シースリーでは、無料カウンセリングの予約をホームページから行なったタイミングで親の方へ確認のための電話連絡が行くことになっています。カウンセリング申し込みのページでは生年月日を記入することになるため未成年であるかどうかがすぐにわかってしまいます。それをもとに自宅へ電話がかけられるのです。

ですから、この時点でまず親にはシースリーに行こうとしていることが親には確実にバレてしまうことになるので、カウンセリングを受ける前までには親からシースリーに通うことをきちんと話し合っておいて、承認をしてもらっておくとスムーズです。

この同意書が提出されないといつまでたっても契約もできませんし施術を受けることもできないので要注意です。親の同意書はカウンセリング当日に持参できるように準備しておいた方が良いでしょう。同意書は親の名前と住所、そして印鑑の捺印が必要になります。

脱毛サロンC3の気になる評判をチェックする⇒脱毛サロン【C3シースリー】口コミ・評判

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする